永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

レーザーによる永久脱毛の副作用や病気について、いろいろなウワサ話はありますが、皮膚ガンの原因は紫外線であって、レーザー光は赤外線に近いもので、皮膚表面から3、4mm程度の深さまでしか届かないので血管や内臓に影響を与える心配はないという事は日本医学脱毛協会によって認められています。人によっては、照射熱による肌トラブルが起きる可能性もあるので、敏感肌やアトピー肌などお肌の弱い方は事前カウンセリングでお試しをして、施術可能かどうか確認をおすすめします。

永久脱毛による副作用

永久脱毛の副作用としては、レーザー照射により起こることが多いです。熱による処置であるので、赤みが出たり、肌が極端に弱い方は火傷になったりということがあります。赤みくらいであれば一時的なものであり、軟膏などを塗ればすぐに収まることがほとんどです。毛を剃った状態のデリケートな状態の肌にレーザーを当てるため、施術期間中に不潔な肌環境になったりすると毛穴が炎症を起こす毛膿炎になることがあります。これは、毛穴を中心とするニキビです。クリニックやサロンでは、肌トラブルを起こした際の対処や起こさないようにする注意をカウンセリング時にしっかり説明することがほとんどであるため、施術中はそれを守ることが重要です。もし肌トラブルが起きた場合は施術者に説明して、照射サイクルやアフターケアを相談することが必要になります。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をすることで、稀に汗が増えるという方がいます。
口コミを見てもワキ汗が増えたというコメントが見られますが、多くは勘違いと言えるでしょう。
ムダ毛がなくなることで、汗が目立ってしまうわけです。
発汗量が多くなるわけではなく、増えたように錯覚してしまうのでしょう。

脱毛をするメリットは大きく、特にワキ脱毛ならワキガを予防する効果が期待できます。
稀に肌荒れの副作用が生じることがありますが、保湿ケアをしっかりと行えば防げるものです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

医療レーザーによる永久脱毛を受けることで、稀に肌トラブルが発生することがあります。
サロン脱毛よりも熱パワーが強いので、乾燥肌や赤み・火傷などが発症しやすいです。
特に敏感肌・アトピー肌の方はダメージを受けやすいですが、事前にカウンセリングを受けることで大抵は防げるものです。
痛みに関しては麻酔が使用できるので、気にする必要はありません。
施術後に肌トラブルが発生してしまう場合の多くは、保湿のセルフケアが不十分であることで生じます。
徹底したセルフケアによって肌ダメージを抑えることができ、正常肌に戻すことができるでしょう。
敏感肌やアトピー肌は肌が繊細になっている状態であり、念入りな保湿ケアを続けることで改善が可能です。

永久脱毛 大阪 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です